つまらない話ですけDo。。。

旅人ギタリストの日々是閑話
<< おはつ | main | 彦ビー >>
わかぁ〜?
0
    この話を聞いたのが、まだ人肌恋しい3月も中旬。
    「もしもし、あのね、1年間連載で何でもいいんで書いてくれる?」
    軽く二つ返事で引き受けてしまった。

    さて何を書いてやろうかと暗中模索して頭の中で企画会議が行われる。「和」がテーマらしい。決まった。却下。あれダメこれダメ。etc・・・
    あれこれ繰り返してるうちに締切日(これを書いてる時点)を過ぎている。

    昔、雑誌のコラムを半年間書いてみないかと言われたが、締切りには煩い鬼のような編集長(スマヌ)だったのでイヤで断った。ってな訳で未だ未決のまま、文才ないけど、がんがん突っ走っていくのでよろしく頼む。

    季節柄、「君が代」を聞く機会が増えた。
    説によると「古今和歌集」の中など古い記述では元々「我が君は」となっていた。元々の和歌はの意味は君(恋人)に対する恋文であり、「君」とは「恋人」のことであるというのが有力な説である。「ずっと一緒に」という意味のこめられた牧歌的な和歌であるらしい。恋歌は暗い。五輪真弓の「恋人よ」も確かに暗い。

    あれこれ反対意見もあるけど、日の丸見ると口ずさむのは、何故だろう。昔少しだけ武者修行でNYに住んでた事があって、日本食が恋しくなった時もあったり、日本人でよかったりした事もある。

    帰りの飛行機の中で頭の中で歌っていた「ずっと一緒に」。


    参考『ウィキペディア(Wikipedia)』より
    ---
    古賀市商工会発行「ココガコガ」より

    | funkyyuu | 気分はC9 | 03:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://funky.suusan.jp/trackback/144357
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    このページの先頭へ